山県市(やまがたし)は、岐阜県にある人口約30,000人の市です。

岐阜市の北側に隣接する位置にあり、JR岐阜駅から約9~34キロメートルの範囲に広がっています。

地勢は山地丘陵部が多く、北端の日永岳(1,216メートル)を最高峰として枝状の山地と、長良川支流の武儀川、鳥羽川、伊自良川沿いの平たん地で構成されています。

山県の名の由来は御野国山方郡(みののくにやまがたぐん)で、正倉院に現存する最古の戸籍に記されていた地名です。